トップごあいさつプロフィール4つのチャレンジ議会報告活動日誌ブログ
1.雇用の創出
中小企業に対し「大阪府緊急経営対策資金」で1兆7,518億円を融資(H20.10〜H22.9)
雇用情勢悪化の緊急対策として「緊急雇用創出基金事業」を実施、平成21年度目標の8,000人に対し、約9,900人の雇用創出を実現。
2.安心・安全の大阪
平成19年度から22年度の4年間で警察官445人を増員。
平成23年3月に十三 夏には西中島にも防犯カメラを設置。
「大阪府がん対策推進条例(仮称)」を提案。
24時間医療電話相談「救急安心センターおおさか」☎#7119と
小児救急電話相談(20:00〜翌朝8:00)☎#8000を開設
3.議会と行政の改革
大阪府会議員の報酬と政務調査費をそれぞれ15%削減。
天下り先の外郭団体を半減(約3400億円のムダ削減)。
大阪府会議員の日当にあたる費用弁償を都道府県で初の廃止。
大阪府会議員の定数を「87」に削減し、1票の格差も1.15倍に是正するよう提案。
4.子どもと女性の健康(大阪市長への署名が実現)
子宮頸がん予防・ヒブ・小児用肺炎球菌の3ワクチン接種の全額公費助成・無料化!
(専用電話:06-6208-8249)
子宮頸がん予防ワクチンは中学1年生〜高校1年生の女子
ヒブワクチンと小児用肺炎球菌ワクチンは0〜4歳の乳幼児
実施期間は平成24年3月31日まで
子宮頸がん・乳がん検診の無料クーポン配布を継続!
子宮頸がん…20歳、25歳、30歳、35歳、40歳になる女性
乳がん…40歳、45歳、50歳、55歳、60歳になる女性
(年齢は23年度、今年6月30日現在大阪市に在住の方)
乳幼児医療費助成制度を拡大!
入院の医療費助成を、現行小学校卒業までから中学校卒業までに拡大。
さらに0〜2歳の所得制限を撤廃(今秋実施予定)
1.旧淀川区役所跡地に
コミュニティと
文化機能を有する
施設を推進します
大阪市が阪急電鉄と連携し、周辺の民間所有地を含めた地区計画を取りまとめ、規制緩和を図り、区民に役立つ施設を目指します。
2.新大阪駅北側を整備し、
駅利用者の利便性を
高めます
阪急電鉄が新大阪駅北側にホテル・テナントが入るビルを建設中で、来年秋に完成予定です。 JRと大阪市も連携し、北側から直接新大阪駅構内に入れる通路や自転車置き場の設置を議会で要望し、市から「前向に検討する」と答弁がありました。
3.十三市民病院の
救急医療体制を
構築します
今年の4月から日曜日のみ、内科の救急指定病院(24時間)としてスタートします。今後、医師・看護師の確保に努め、いずれは全日救急指定病院を目指します。
また、女性専用外来拡充のため、女性医師の確保に努めます。(女性専用外来は十三市民病院が府内で初の設置)
すぎた・かじき タイムズ Facebook