大阪府議会議員 かじき一彦 公明党
統一地方選2019

春4月 新たな舞台 その5(完)

4月11日(木) 晴れのち一時雨

 市立新高幼稚園の入園式、淀川区医師会看護専門学校の入学式に出席しました。

 新高幼稚園は4歳児39人と5歳児1人が入園(写真1)、「明日からみんなで仲良く遊んでくれますか?」との園長先生の呼びかけに「はーい」とかわいい返事がありました。

 年長組の5歳児が園歌を歌って新入園児を歓迎してくれました(写真2)。年長組は大阪市歌も元気いっぱい歌っていました。みんなすくすくと育っていってほしいですね。

 午後は看護専門学校の入学式へ。高校を卒業してすぐの人もいれば、すでに社会人としての経験を積んできた人もいます。年齢差はあっても1年生は1年生、助け合って看護師の道を進まれることを願っております。

 写真は看護学科、准看護学科新入生代表の宣誓です。(写真3)

 今日で私が出席する入学式はすべて終わりました。皆さんの新たな舞台でのご活躍を心よりお祈りいたします。


写真1

写真2

写真3

春4月 新たな舞台 その4

4月8日(月) 晴れ

 府立東淀川高校の入学式に出席しました。この春の新入生から入試制度が変わり、前期募集は4倍強、後期募集も1.2倍強の募集倍率を勝ち抜いてきた生徒たちです。

 これから3年間、普通科総合選択制の長所を生かし、進学や就職などそれぞれの進路にあった学校生活を送ってほしいですね。

 写真は新入生代表のあいさつの様子です。


 

春4月 新たな舞台 その3

4月5日(金) 晴れ

 母校の市立木川南小学校の入学式に出席しました。名前を呼ばれた1年生は元気よく「はい」と返事をし、6年生のお兄さん、お姉さんに手を引かれて入場してきます(写真1、2)。私も6年生のときに1年生の手を引いて入学式に出席したことは覚えています。

 私のときは1学年1クラスで36人(卒業時)でしたが、今年の1年生は31人。昔から小さな小学校だったことを考えれば多いほうかもしれません。

 2年生の歓迎の言葉や演奏はなかなか見事でした(写真3)。今年1年生で入学した児童も来年は迎える側になります。みんな仲良く、大きくなっていってほしいですね。


写真1

写真2

写真3

春4月 新たな舞台 その2

4月3日(水) 晴れ

 私の母校でもある市立十三中学校の入学式に出席しました。新入生は1クラスずつブラスバンド部の演奏が流れる中、プラカードの先導で入場してきます。(写真)

 この中学校は5つの小学校から生徒が集まってきます。人間関係が大きく広がいい機会でもあります。 友人といい思い出をたくさんつくってほしいですね。


 

春4月 新たな舞台 その1

4月1日(月) 晴れ

 私の母校でもある府立北野高校の入学式に出席しました。この春着任した校長先生は学校始まって以来初の女性、以前にも教師として北野に勤務した経験があるとのこと、ぜひとも頑張っていただきたいですね。

 「文武両道」がモットー、これから勉強に体育に全力で取り組むことになるでしょう。しっかりと実力をつける3年間でありますように願っています。写真は定番の記念撮影、今年は趣向を変えて準備の様子です。