大阪府議会議員 かじき一彦 公明党

府議会教育常任委員会で質疑

10月12日(金) くもり

 この日は府立高校の英語教育や日本遺産などについて質疑・質問をしました。

 大阪府は2019年度以降の高校の英語教育について、有識者の検討会議を設置しました。在籍校によらず意欲のある生徒を支援する方策や、高校生の海外研修の充実、生徒の英語力を客観的に測定する方法などに関して意見があったそうです。

 また、現在の高校1年生が大学受験をする2020年度から始まる大学入学共通テストで、英語は民間の試験の活用がなされます。「話す」「書く」力を育成し、府立高校の全生徒が各自の目標や状況に応じて活躍できるよう英語教育を充実したい、との答弁がありました。

 日本遺産は伝統文化や文化財を通して地域の活性化を目指すために文化庁が始めました。大阪府と奈良県にまたがる形で「1400年に渡る悠久の歴史を伝える『最古の国道』~竹内街道・横大路(大道)」があります。平成29年度に認定を受け、街道をバスでめぐる催しは好評だったそうです。観光ボランティアの育成など民間主導で地域活性化への基盤ができつつあるそうです。

 文化庁の方針で申請できる機会があと2回しかないため、認定を得るための審査はより厳しくなることが見込まれます。府内で6市が申請の準備をしており、府は他地域の好事例も参考に認定に向け、全力で支援するとのことです。

 日本語指導の必要な小中学生への取り組みについて、2月定例会で府は大阪市と連携すべきだと指摘しました。府は市作成の日本語教材を府内の教員に配布したり、市が教材を掲載しているホームページとリンク付けをしたりなどの対応をしており、教員に「明日からの指導に活用できる」など喜ばれているそうです。

 さらに、日本語がわからず母国語で会話する友人がいない子どもたちを対象に、府内全域から一堂に会する機会を作るべく検討をしてくれています。同様の経験をした先輩高校生の体験談などを通し、参加した子どもたちが母国の言葉や文化に誇りを持ち、自尊感情を高められるようにしたい、とのことです。

 このほか、府内中学校のチャレンジテスト、支援教育の充実、などについて質疑・質問しました。

この日の質疑の様子は府議会のHPでご覧いただけます。教育常任から私の名前を選んでください。

http://www.gikai-chukei.jp/