大阪府議会議員 かじき一彦 公明党

公明党府議団で知事に緊急要望

9月3日(金) 雨

 公明党大阪府議会議員団(肥後洋一朗幹事長)は新型コロナウイルス感染症対策に関する緊急要望を吉村洋文知事に提出しました。(写真1、2)

 席上、肥後幹事長は若年層の新規感染者が増えている状況を受け、府が若年層向けのワクチンの大規模接種会場を設けるよう要請しました。さらに、受験を控える中学3年生、高校3年生を対象にした接種機会の提供や、クラスター(感染者集団)の発生が相次ぐ学校園の教職員らへの接種も急ぐべきと訴えました。

 また、自宅療養者への医療提供体制に万全を期すことや、軽症患者向けの抗体カクテル療法を必要な人が速やかに受けられる体制づくりを求めました。

 吉村知事は「貴重な提言を府政に反映させたい」と応じ、抗体カクテル療法は「重症化しにくくなる有効な治療法だ。できる限り体制を強化したい」と述べました。


写真1

写真2